« チャレンジ登山2008 | トップページ | 新緑の千丈寺湖 »

2008年4月29日 (火)

水芭蕉とシャクナゲの公園

水芭蕉とシャクナゲの公園

4月27日
新聞の旅行ガイドで偶然見つけた、兵庫県の加保坂ミズバショウ公園と作用.平福のシャクナゲの里に行って来ました。
ミズバショウ公園は尾瀬ほどの規模はありませんが、日本の自生地の南西限だそうです。

  Xacti_015Xacti_016                   Photo_2                

                       

                      

播但連絡道路、和田山インターから約1時間で大屋町のミズバショウ公園に着きます。入口ゲートと公園内マップです。

   Xacti_012Xacti_013Xacti_002

                    

                              

                                               

遊歩道に入ると、スミレや山つつじの咲く林になります。

    Xacti_004      Xacti_003          Xacti_010

                     

                    

ミズバショウは遊歩道に設置されている木道から見ることが出来ます。尾瀬のように接写は出来ません。バードウオッチングに使われるような小型望遠鏡が置かれていて、花を見ることになります。            

          Xacti_007Xacti_006Xacti_008

                        

                       

望遠鏡に小型カメラのレンズを合わせて撮ると、望遠鏡を望遠レンズとして使えました。

午後は中国道作用インターから北へ5分ほどの、「平福しゃくなげの里」に寄ってみました。

Xacti_041_2

Xacti_022

Xacti_024   

                            

                        

白から真紅までのシャクナゲの色のグラデーションが見事でした。

Ist_013 Xacti_019Xacti_028

 

                       

                      

標高100mほどの山の斜面なので、ストックがあると歩きやすいようです。       

  Ist_016Ist_032Ist_010

                

                          

変わったイチョウの木もありました。

Xacti_040

Ist_035Xacti_038_2          

     

   

鮮やかなシャクナゲ園です。

Xacti_017Ist_025 Ist_020 

                

                         

                      

小さな花もたくさん咲いています。

Ist_026_2Xacti_043_2 Ist_009_2                

                       

                         

PhotoIst_024Ist_006   

                     

                  

                  

                    

暖かい春の小さな花旅でした。

« チャレンジ登山2008 | トップページ | 新緑の千丈寺湖 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

和田山は、母の出身地です。 母の実家の帰る機会があればぜひ行きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チャレンジ登山2008 | トップページ | 新緑の千丈寺湖 »

2020年4月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ