« 幻のセツブンソウ | トップページ | 延羽の湯 »

2007年3月27日 (火)

縞模様の浅間山

Imgp2056 雪山最後は、長野県小諸にある高峰高原です。3月24日の夜10時ごろ堺を出発して、上信越道の湯の丸SAには5時半ごろ着きました。   

                        

Dsc00217 午前中は天気が悪く、回復の見込みも無さそうだったので、予定を変更して、朝風呂と映画に行くことにしました。ガイドブックと携帯のIモードで「しなの木温泉」と「上田でんき館」を探し出し、映画は「ナイトミュージアム」を観ました。町の小さな映画館ですが、混雑もなくゆっくり出来ました。     

    

Dsc02626 今回は登山口近くにある「高峰高原ホテル」に泊まりました。高1になった甥の卒業登山です。2時半頃に到着し、荷物を置いて登山道の下見をして夕食まで仮眠していました。                        

                                          

Dsc02627Dsc02628                      

                                  

                             

登山口は雪が硬く凍結して、持参したスノーシューが使えそうにはありませんでした。夕方から天気は回復しかけ、夕食時にはホテルのレストランから小諸の町の夜景がきれいに見えました。星空も澄んでいて翌日の天気に期待が持てました。                                  

  Dsc02635             Dsc02629          Dsc02630             

                       

                        

26日の朝は快晴の青空で、暖かい一日になりました。9時ごろ表登山コースに入り、硬く締まった雪面を歩きかけました。スノーシューの予定だったので、アイゼンは用意していませんでした。スノーシューでは危険なので、黒斑山までの登頂はあきらめ、浅間山が見える「槍ヶ鞘」付近で写真を撮って下山しました。                 

Imgp2051Imgp2049Dsc02633                         

                     

                       

12時過ぎに下山を終わり、浅間山が見える「アートヴィレッジ明神館」に寄って帰りました。ヤマケイJOYの2001年冬号の表紙になっていた、浅間山の冬景色に会えた良い山旅になりました。

Dsc00220                      

                

           

                     

« 幻のセツブンソウ | トップページ | 延羽の湯 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縞模様の浅間山:

« 幻のセツブンソウ | トップページ | 延羽の湯 »

2020年3月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ