« 篠山のぼたん鍋 | トップページ | カヤックの組み立て »

2007年2月27日 (火)

残雪の赤坂山

Imgp1987
今日はマキノ高原の赤坂山に来ています。山頂ですが、雪は残雪になってしまいました。
去年の4月よりも少なく2月という気がしません。
下山後は、マキノ浜でキャンプです。

Dsc00188 2月24日 7:00 名神の桂川PAです。朝食は「朝定食」です。この時間帯に寄れるときは、これを注文しています。とくに卵焼きが美味しくて、登山前の食事にちょうどいいと思っています。                 

 

Dsc00189 9時ごろ、登山口のあるマキノ高原に着きました。お客さんはまだ少なく、

駐車場には、車は3台ほどでした。                    

                

   

Dsc02524 9:30 スタートしました、雪はまだ見ることは出来ません。それでも山頂付近は白くなっていたので、スノーシューは担いで行きました。      

                                        

Dsc0252510:30 途中の休憩ポイント「ぶなの木平」です。ここから双眼鏡で、山頂を見ることができます。山頂直前の稜線に雪が付いているようでした。 

        

    

  Dsc02527  Dsc02528Dsc02529半ばを過ぎると少しずつ、氷に近い残雪が出てきました。アイゼンが利きそうです。

                     

                         

Dsc02530 山頂には、11時50分頃に着きました。期待したほど雪もなく、スノーシューは荷物になったままになりました。               

                   

  Imgp1990Imgp1988

 左が「明王の禿(めいおうのはげ)」、右が「三国山

ですが、冬季はトレースがほとんど無く、危険なので下山しています。

   Dsc02532Dsc02533Dsc02535

          

       

下山は雪の無いスキー場の手前で、東側に分岐しているコースを歩いてみました。右の岩は「烏帽子岩」です。比婆山にも同じ名前の岩がありました。   

  Dsc02537Dsc02538Dsc00193

             

         

このコースの終点は「さらさの湯」の裏になっています、2時15分頃着きました。遠回りですが、遊歩道のようで坂道もゆるやかでした。右の写真は「白谷温泉」です。少し小さめですが、人数制限があって15分ほど待ちました。中は混まないようですが、混雑時は「さらさ」のほうがいいと思います。   

2005年の赤坂山です。

Dscf0024 1月10日 メタセコイア並木です。   

                        

                    

Dscf0036 ぶなの木平 この日は雪が多く、ここまででした。     

       

                

Dsc00552 1月30日 吹雪の山頂です。

                       

  

               

                            

             

       

« 篠山のぼたん鍋 | トップページ | カヤックの組み立て »

湖北の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残雪の赤坂山:

« 篠山のぼたん鍋 | トップページ | カヤックの組み立て »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ